原因不明の病気を解消!健康を取り戻すコツ

病院にかかる時恥をかいていませんか。自己判断をせず医師との良い関係を築いてこそ治療が決まり健康回復出来るのです

原因不明の病気を解消!健康を取り戻すコツ

健康回復と治療の為の、正しい医師との関係とは

病院を受診した時にこんな事を言う患者がいます。「昨日から胃が痛くて、ご飯がおいしくない」「お風呂に入ったら心臓がキューッとなって怖かった」「風邪をひいて熱がある」などです。何も変なところは無いと思われた方は、病院で医師やスタッフからあきれられています。

まず「昨日から胃が痛くて、ご飯がおいしくない」は、何故痛む場所が胃だと分かるのでしょうか?この場合はお腹が痛いと表現するのが正しいのです。もしくは以前胃炎だと診断された事があり、その時の痛みと今回の痛みが似ていると表現されれば、おかしくは無いです。このような勝手な判断や思い込みは自己診断と言い医者が嫌がる行為なのです。心臓の例も同じです。何故痛みの部位が心臓だと分かるのか、心臓だと自分で判断できるなら医者の診断はいらないよ、と思われてしまうのです。風邪の例も同じです。熱の原因が風邪だと分かっているなら、わざわざ医者に来て待たされて高い治療費を払わずドラックストアで風邪薬を買って飲めばいいのに、と思われるのです。昨日から熱があり、家族が風邪をひいていて症状が似ているとか職場で風邪が流行っていてうつったかもしれないとかの多くの情報を与えるのが好ましい伝え方です。

医師に治療してもらうときは勝手な自己判断をせず、医師が判断しやすい材料を話すのです。いつからどんな症状があり、症状は強くなっているか一定なのかとか、市販薬は飲んだのかとかどんな薬を飲み効いたのか効かなかったのか、などです。沢山の情報があってこそ初めて正しい治療方法が決まるのです。医師との良好な関係を結ぶことが治療と健康を取り戻す事に繋がるのです。

 比べてお得!