原因不明の病気を解消!健康を取り戻すコツ

近年における心筋梗塞の治療の進化は目をみはるものがあります。健康を維持するのに最も重要な心臓の治療

原因不明の病気を解消!健康を取り戻すコツ

心筋梗塞の治療の進化と健康

人が生きていく上で最も重要な臓器。それは心臓ですが。その心臓が活動するために重要な役目を果たしている血管が冠動脈です。近年その冠動脈が詰まることで起きる塞栓症が多くなっています。血管が詰まる。それを防ぐための治療。それがステントという血管を広げるためのチューブを細くなった血管に入れる治療です。足の付け根にある鼠径動脈からカテーテルを入れて、心臓の細くなった冠動脈をバルーンで広げ、そこにステントを入れる治療です。聞けばかなりの複雑な治療に聞こえますが。実際には1時間程度で終わる治療です。この治療をすることで、これまで詰まって血液の流れが止まることで死亡していたような患者でも、確実に救うことが可能になりました。

外科的に胸を開いて心臓に治療するのとは違って、鼠径動脈からカテーテルを入れて行う治療ですから、終われば数日後には退院して元気な生活を取り戻すことも可能です。8月6日のABCニュース・オンラインでも報道されていましたが、アメリカの前大統領ブッシュさんもこのステント治療を受けたそうで。ブッシュさんの時は治療をして1時間後にはもう退院していかれたそうです。日本でもこの治療は一般的に行われています。健康を維持していく上で最も大切な心臓。日頃の診断で不整脈などが指摘された方には、早めにカテーテル検査を受けて、冠動脈の状態を調べておくことが重要でしょう。冠動脈は右に1本、左に2本ありますが。悪玉コレステロールの値が高い方は注意が必要です。心筋梗塞の発作が起きる前に、冠動脈の塞栓を見つけておけば心配はないでしょう。

 比べてお得!